【トップナイフ】第5話!エンディングダンスは初のJUJUバージョン!

【トップナイフ】第5話が放送されましたね!

今回は『才能』をテーマにした回で、西郡と患者のやり取りをメインに描かれました。

今回は【トップナイフ】第5話の感想とネタバレです。

スポンサーリンク

【トップナイフ】第5話ネタバレ

前回、自分がかつて失敗した母の手術を成功させた黒岩(椎名桔平)との実力の差を目の当たりにした西郡(永山絢斗)は自信をなくしていた。

そして小机(広瀬アリス)は来島(古川雄大)への恋心から勉強に集中できない。

美山(天海祐希)は、そんな若手二人のドクターを気にかけていた…。

そんな時天才ピアニスト・景浦祐樹(柿澤勇人)が、耳が聴こえにくいと病院を訪れる。

検査の結果『聴神経腫瘍』が見つかるが、景浦は命よりも”聴神経と顔面神経の温存”を希望する。

黒岩でも難しいとされるオペだが、今出川(三浦友和)はなぜか西郡にオペをするよう指名する。

「オペでなくした自信はオペでないと取り戻せない」

オペのプレッシャーを感じる西郡は、別の患者も担当することに。

洗濯物を取り込もうとしてベランダから落ちたというその患者・根岸麻理恵(大西礼芳)は、音大の同級生・景浦と比べて自分には才能がないことに自暴自棄になり自ら命を絶とうとしたことを告白する。

「才能がないのではなく、諦めているから差がついたんだ」

厳しい言葉をかける西郡だったが、それは自分にも当てはまる言葉で…。

一方小机の恋愛相談を聞いていた深山は「来島と寝た」という話を聞いて、本人に確かめに向かうが…?

2人がしたのは”添い寝”だった。

それを聞いた深山は「本気じゃないなら私の部下に手をだすな。」と釘をさして帰る。

そして黒岩は、元交際相手から押し付けられた息子・保が自分の子供でないことを証明するためにDNA検査を受けさせることにするが…

運ばれてきた麻理恵は西郡の言葉に背中を押され、前向きに夢へと歩み始める。麻理恵は、カフェでアルバイトしながら作曲を始めたのだった。

麻理恵が作曲した曲は、病院内でも評判になり本人もやる気になるが、頭の中に小さな腫瘍があることが発覚する。

「わたしそれどころじゃないの。ようやく才能が開花し始めたのに!」そういう麻理恵に西郡はオペではなく放射線治療を勧めるが…。

景浦は「実は聴神経より顔面神経が大事だ」と深山に告白する。

ピアノの才能はとっくに枯渇していると感じていた影山は自分はタレントだと思っていた。

そのため売りである”顔”、顔面神経が1番大事だと感じていたのだ。

影山の聴神経・顔面神経の温存オペがスタートし、一方で麻理恵はCDを出すためレコード会社と打ち合わせに向かっていた。

麻理恵は、作曲の才能を認められレコード会社から前向きな回答をもらえた。

西郡も影山のオペを成功させた。

そんな中景浦のマネージャーがクモ膜下出血で倒れてしまう。

そして稀なケースで、こちらのオペも難しい…しかし西郡は「俺がする」と名乗りをあげる。

しかし血管が破裂してしまい、西郡の手が止まってしまう。

そんな時に黒岩が現れオペを成功させる。

落ち込む西郡の元に、レコード会社の帰りに倒れてしまった麻理恵の報告が入る。

深山は放射線治療はやめて今すぐオペをするべきだと西郡に助言する。

オペを勧める西郡に、麻理恵は「才能が開花したのに!」と言うが西郡は否定する。

実は麻理恵は、病気によりサヴァン症候群を発症しておりアルバイト先で流れていたインディーズの曲を知らずにコピーしていた。

自分の才能ではなかったと知り麻理恵はどん底に落とされる。

西郡は母・喜和子の病室を訪れ

「俺はあんたとは違って平凡な医者だ…」と認め部屋をでる。

そんな会話を聞いていた今出川は、廊下に出てきた西郡を拍手で迎える。

一方DNA検査の結果を見た黒岩は、保が自分の本当の子供だと知る。

BARカサブランカでは、「恋愛解禁します!」とうかれる小机と来島の姿。

そしてもう一方では、脳外の写真に写る深山の顔にナイフをたてる人物の姿が…。

~第6話につづく~

【トップナイフ】第5話感想

今回は『才能』をテーマにした回でしたね。

「才能がないのではなく、諦めているから差がついたんだ」

麻理恵にそう言って自分も難しい影山のオペを成功させた西郡…しかしその後執刀したオペでまたもや何もできず黒岩に助けられてしまいます。

やっぱり…才能がないってこと?(;^_^A

そしてもう一人の影山。

彼は周りから『才能』がある!と太鼓判を押された人物でしたが、本人は才能はないと感じておりタレントして生きる覚悟を持っていました。

さらに麻理恵。

彼女は『才能』がないことを悔やんで、一度は投身したものの才能が開花➤実は病気によるものだった…という悲しい結末でした。

つまり何が言いたかったかというと、分かりません(;^_^A

5話を見て『才能とは…』という答えは出なかったものの「才能がないんじゃなくて諦めたから差がついた」という言葉は胸に刺さりました。

そして最後のダンス!

今回はJUJUバージョンでした。

嬉しいんですけど、嬉しいんですけど個人的には天海さんも踊ってほしかったなー。

このダンス見たさでドラマ見ている人もいるみたいなんで、jujuさんだけじゃなくて他のメンバーも出すべきだったと思いますよ!

次回は、天海さんのダンスを見せてほしいものです。

まとめ

今回は【トップナイフ】第5話の感想とネタバレを紹介しました。

【トップナイフ】は毎週土曜日、よる10時から日本テレビで放送中です。

タイトルとURLをコピーしました