【トップナイフ】第4話!西郡の過去が明らかに!1分間手術の黒岩がかっこいい!

【トップナイフ】第4話が放送されましたね!

今回は永山絢斗さん演じる西郡の過去が明らかになりました。それを救ったのが椎名桔平演じる黒岩だったので2人の関係性に変化が見られた回でした。

今回は【トップナイフ】第4話のネタバレ感想です。

スポンサーリンク

【トップナイフ】第4話ネタバレ

前回のつづき、救急搬送された女性患者(中尾ミエ)は記憶を失っており身元確認ができないと頭を抱える深山(天海祐希)たち。

家族に連絡することもできず、名前も分からないという状況の中複雑な表情を浮かべる西郡(永山絢斗)は、自分の母親だと告白する。

患者の娘・千春(三浦透子)によれば、女性患者・喜和子は女性心臓外科医の第一人者だった。

しかし脳腫瘍を発症。

だれもやりたがらない難手術を西郡が受けた結果、記憶をなくして徘徊するようになってしまったとのこと。

西郡のミスのせいで喜和子の人生はめちゃくちゃになったと千春は恨んでいたのだ。

そんな中、60代男性・内田正(綾田俊樹)が幼馴染の山口清(本田博太郎)に付き添われ病院にやってきた。

内田の記憶は3分しかもたず、自分のことを33歳だと思い込んでいる。

山口は、内田の世話を献身的にしているがバックの中には包丁が入っていて…。

そんな心に 闇を抱える山口に今出川(三浦友和)は気付くが…。

黒岩(椎名桔平)は、切除しきれなかった腫瘍が原因で喜和子の記憶障害が出ているとし西郡の技術を酷評すする。

西郡の親子関係を自分と重ね合わせた深山は、黒岩の言動を「言い過ぎだ」とたしなめるが「甘い」と反論される。

一方来島(古川雄大)への恋心が加速する小机(広瀬アリス)は、気持ちのコントロールができなくなる中まさかの急接近が…?

オペを控えた内田と世間話をする山口。内田は高卒で働きだし、1度転職したのち投資会社に再就職したが、「その後は…?」と質問すると記憶がリセットしてしまう。

山口は内田から何かを聞き出そうとしているようにも見える。

山口は内田を病室から連れ出し、「長野の果樹園覚えてるだろ?」と問いただす。内田は山口の父親に投資話を持ち掛けて、結局山口の父は自ら命を絶ってしまったのだ。

深山が2人を連れ戻すが、山口の内田の記憶障害を疑っていた。

内田の病室に戻った山口は、リンゴを見ても動じない内田をみて記憶障害はわざとではないと気付く。

西郡は、母・喜和子のオペを黒岩に託す。

1分間心臓を止めてその間に処置をする、難易度の高い手術を黒岩はやり遂げる。

「自分を捨てたくせに!」と反抗する娘に愛情を語った深山。娘と距離が縮まった。

一方オペが終わった喜和子は目を覚ます。

「タクマか?やっぱり才能ないね~おまえは」

目を覚ましてすごい一言をいう母親に西郡は…?

~第5話へつづく~

【トップナイフ】第4話ネットの反応

【トップナイフ】第4話感想

今回も知らない病気が出てきました。

その名も『前向性健忘』と『逆行性健忘』。

『前向性健忘』は記憶が30年前で止まっていて、3分しか持たない…。

バスマロンCMの本田博太郎が付き添っていたけど、なんで同級生がそこまでするんだろう?

と思っていたら悲しい過去が…( ;∀;)本田さんの演技で一気に渋いドラマになりましたね。

最後は友情が戻って本当によかった。

黒岩医師の1分間手術もかっこよかった…できない医者に見られがちなキャラですが、本当にデキル医者なんですよね。

そのギャップがいい!黒岩先生カッコいいな~。

ぜひEDダンスもお酒飲んでないで、踊ってほしい…。

そして、深山の元夫が初めて画面に映し出されました!

なんと小市慢太郎さん。

味があって渋い俳優さんですよね。豪華キャストなので今後病気になったり?病院に来たり?なんらかで出てきそうですね。

最後のEDダンス。

今回は男性の登場なしバージョンでした!いつもは、ダンスがあって、途中からお酒を飲んでいる椎名・永山・三浦が合流して終わるんですが。

今回は合流なしなのでずっとダンスでした!

広瀬アリスのダンスがウネウネ?してて攻めていたような…w

毎回EDダンスが違うとあって、これを見るために最後までしっかり見る人が多いんだそうですよ!

まとめ

今回は【トップナイフ】第4話の感想とネタバレを紹介しました。

【トップナイフ】は毎週土曜日、よる10時から日本テレビ系列で放送中です。

タイトルとURLをコピーしました