【テセウスの船】第2話感想!文吾と心の絆が崩壊?村人全員が怪しすぎる!

【テセウスの船】第2話が放送されましたね。

今回も過去を変えようと頑張る心ですが、どんどん過去が変わってしまいます…

村人の怪しい動きもエスカレートして考察がかなり難しい!

今回は【テセウスの船】第2話のあらすじと感想を紹介します。

スポンサーリンク

【テセウスの船】第2話ネタバレ

過去にタイムスリップした主人公・田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことになる。

面接してくれたのは音臼小学生の校長・石坂(笹野高史)。

さらに父・文吾(鈴木亮平)と一緒に村でこれから起こる事件を防ぎ、殺人犯として逮捕される過去を変えることを決意。

最愛の妻・由紀(上野樹里)が用意してくれていたノートによると3日後田中義男(仲本工事)の家が火事になるという。

文吾と心は、目が悪いという義男の自宅を訪れる。

義男の家は近所の小学生や村人などが自由に出入りしている状態で、この時も新聞配達員の翼(竜星 涼)がいた。

翼は、不審者の心に疑いを持っており腹をたてて帰って行く。

文吾と心は、義男宅に置いてあるノートを見せてもらうが、そこで燃えているウサギの絵・気味の悪い少女の絵を発見し、音臼小事件と関係あるのでは?と疑う心。

一方心は、音臼小で臨時教員として働き始めていた。ふとウサギ小屋を見ると翼が子供たちにドロップを上げているのが目に入る。

子供たちは翼になついていた。

翌朝ウサギ小屋のドアが開いているので、近づいてみるとウサギが血を吐いて死んでいた。

毒で死んでいると予測した心は、朝からドロップを子供に配る翼に危険を感じ「他人から食べ物をもらっちゃいけないよ」と注意する。

しかし翼を疑ったその言動は、翼と子供たちの反感を買うことになる。

以前三島家からパラコートを盗んだのではないか?と疑いをかけられていた心はウサギ殺しの犯人ではないか?と疑われる。

一方翼の婚約者である佐々木紀子(芦名星)は、あるものを翼に渡すが…

田中義男の家を放火から守るため、文吾と心は息子・正志(せいや)と一緒に義男宅を見張っていた。

心は1人で義男宅の周りを警備していたが、その間に由紀からもらった”事件ノート”が文吾に見つかってしまう。

そのノートには文吾の事件も書かれているため、絶対に見せられない。寸前で文吾から取り返した。

そんな中、妻の和子(榮倉奈々)から連絡があり、姉の鈴 鈴(白鳥玉季)が行方不明になったという。

捜索の途中、翼を見かけた心は声をかけるが様子がおかしい…

なかなか鈴が見つからないことにいら立った心は、「なんで鈴まで…」と口走ってしまう…

それを聞いた文吾は「心さん知ってたのか?あのノート見せてくれよ、なんか手掛かりがあるかもしれねぇ!」とノートを奪おうとするが心は見せられないと拒否する。

ノートを見せてくれない心に不信感を持った文吾と心の中に亀裂が入ってしまう。

一方鈴が発見され保護される。

明音と待ち合わせをしていたが、来なかったというのだ。

刑事の金丸は相変わらず心を犯人だと疑って尾行を続ける。

心は1人で明音の捜索を続けるが見つからない…そんな落胆した心の元に和子が現れ心を励ます。

夜になり、心と和子を探して文吾たちがやってくる。

文吾は家族写真を心にみせて「ありがとな、心さんを信じるよ」と心と和解する。

翌朝翼が新聞配達を無断欠勤していることを知って、家に向かうと出てきたのは佐々木紀子だった。

表札に書かれていた”佐々木紀子”の文字に違和感を覚えて、由紀の事件ノートを見ると佐々木紀子もまた青酸カリで自殺していた!

佐々木紀子が働いているのは、木村さつきのメッキ工場だ。そこで青酸カリを用意することができる…やはり翼が犯人なのか!?

そんな考えの中、義男宅で見つけた少女の絵に風速計が書かれていると知った心は、文吾と風速計がある場所に向かう。

そこにはぐったりしている明音の姿が…かろうじて息があり運び出そうとすると金丸が現れる。

そして長谷川翼が神社で死んでいると知らせが入る。

翼宅では婚約者・紀子(芦名星)が三島明音の写真を燃やしている。

翼が死んだ。バカな奴だが盛り上げてくれた…

パソコンを打つ真犯人は誰なのか!?

~3話に続く~

【テセウスの船】第2話

【テセウスの船】第2話感想

1話で最終回⁉というくらいのスケール感を出していたテセウスの船ですが、2話も感動的でハラハラドキドキの展開でした。

1話で心が、千夏ちゃんのパラコートを盗んだり雪崩から木村のおじさんを救ったことで過去がかなり変わっていますね。

2話でも過去とは違うことが次々に起きていました。

  • 火事で死亡する予定の田中義男宅で火事は起きなかった
  • 行方不明になる予定の三島明音ちゃんと姉・鈴が失踪
  • 長谷川翼の死亡…

中でも長谷川翼の死は予定にない事件!!

翼は、ロリコンだったみたいで三島明音ちゃんの写真を盗み撮りしまくってたみたいですね。

そんな明音ちゃんの写真を燃やす婚約者紀子…明音ちゃんを監禁したのは紀子?じゃないかと思います!

でも紀子と”のぞき穴の目”はなんか違うような気もしなすよね~目はどちらかというと木村さつき(麻生祐未)っぽいし…めっちゃ難しいですね(;^_^A

考察も色々と飛び交っていますが、SNSでこんな意見も見られたので紹介します!

  • 鈴の後ろに座っているパーマの男の子が将来の安藤政信?
  • 竹内涼真演じる心が子供を殺して、文吾が罪を被る!?

小学校のシーンで、確かに鈴の後ろにパーマの男の子がいました!これが安藤政信だとしたら2人はどういう関係⁉

何か秘密を共有しているのでしょうか?

次に竹内涼真演じる心が事件を起こしてしまうパターン!これは自分では思いつかなかったんですが、ありうるかもしれませんね!?

なんか頑張れば頑張るほど裏目に出て、疑われているのが心なので、最終的にも心が疑われてそれを庇って…ていう展開もありえなくありません。

それだとしたら悲しすぎるから嫌だな~。

2話で話題になったのは、ユースケ演じる金丸のウザさと榮倉奈々演じる和子の優しさでした!

金丸はことごとく心を追いかけまわしてウザすぎるw子供探さずに心を尾行している辺りは非難殺到でしたね。

来週もウザそうです。

そして榮倉奈々さん演じる和子母ちゃんの偉大さ・優しさはかなり感動的でした。

榮倉さんは自身も母親であることから、画面からあふれ出る母性に癒された方も少なくはなかったのでは?

こんな優しい母ちゃんと、家族思いの文吾の家族が崩壊するなんて悲しすぎます…

どうかハッピーエンドになってくれと願うばかりです。

まとめ

今回は【テセウスの船】第2話の感想を紹介しました。

真犯人と思われた長谷川翼が死亡してしまいましたが、3話も誰か亡くなってしまうんでしょうか?

村人全員が怪しいので考察が難しいですね…

【テセウスの船】は毎週日曜日、よる9時からTBSで放送中です。

タイトルとURLをコピーしました