【麒麟がくる】大河ドラマあらすじやキャスト紹介!【主演:長谷川博己】

2020年1月19日夜8時<初回75分>からNHKで【麒麟がくる】がスタートする。

長谷川博己演じる明智光秀の前半生を描いたもので、明智光秀を主役とした大河ドラマは初となる。

【麒麟がくる】のあらすじやキャスト、最新情報を紹介します!

スポンサーリンク

【麒麟がくる】放送日・放送局・時間

番組名:『麒麟がくる 』
放送日:2020年1月19日夜8時<初回75分>
放送局:NHK、BSプレミアム、BS4K
キャスト:長谷川博己、西村まさ彦、石川さゆり、伊藤英明、本木雅弘、川口春奈、南果歩他

【麒麟がくる】あらすじ

王が仁のある政治を行うときに必ず現れるという聖なる獣、麒麟。

応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……

そして、麒麟はいつ、来るのか?

若きころ、下克上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた秀吉と数多くの英傑だちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

明智光秀とはいったい何者なのか?

麒麟とは一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

出典: 『NHK』公式

1540年半ば、美濃の地に明智十兵衛光秀(長谷川博己)という若き虎がいた。

周囲を尾張の織田家・駿河の今川家・越前の朝倉家に囲まれて常に攻め込まれる危険のある美濃で若き虎は、戦に駆り出されていた。

そんな若き虎・光秀は、斎藤利政(本木雅弘)に認められ抜擢される。その利政こそ、のちに美濃のマムシと恐れられる『斎藤道三』だった!

麒麟とは(一部抜粋)

中国神話に現れる伝説上の霊獣である。
『礼記』によれば、王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物「瑞獣」とされ、鳳凰、霊亀、応竜と共に「四霊」と総称されている。

出典: 『wiki麒麟』

【麒麟がくる】見どころ

大河ドラマで人気の高い「戦国時代」をはじめての4Kで撮影したもので、従来とは全く異なる解釈で英雄を描いている。

脚本は池端俊策のオリジナルで、大河ドラマでははじめて明智光秀を主役としたものになる。

さらに、沢尻エリカが逮捕されその代役として濃姫を務めるのは川口春奈だ。どんな濃姫を演じてくれるのだろうか。

さらに織田信長を演じる染谷将太にも注目が集まっている。織田信長を演じるには若いのではないか?という意見も多いが、予告で見せた狂気的な演技が期待を集めているようだ。

色んな意味で注目度の高い『麒麟がくる』が楽しみである。

【麒麟がくる】キャスト

明智光秀(十兵衛)…長谷川博己

『麒麟がくる』主人公。

身分の低い美濃の”牢人”として生まれるが、勇猛果敢な性格が斎藤道三に認められ、道三に仕え生きていくことを決意。しかい、仕えた道三が、息子の義龍にうたれ美濃を追われることになる。

※ 牢人とは、主人を失った武士のこと。

長谷川博己プロフィール

誕生日:1977年3月7日生まれの俳優
出身:東京都
所属:ヒラタオフィス
備考:愛称は『ハセヒロ』
出演ドラマ:『八重の桜』『まんぷく』『小さな巨人』『デート~恋とはどんなものかしら~』他
出演映画:『シン・ゴジラ』『劇場版MOZU』『海月姫』他

明智家のキャスト

明智光安(あけちみつやす)…西村まさ彦

光秀の叔父。明智家の当主であり、道三の家臣でもある。明智家の行く末を常に案じる人物。

熙子(ひろこ)…木村文乃

光秀の正室で美濃の士豪・妻木氏の娘。戦乱に明け暮れ疲労する光秀の心を癒す女性。

牧(まき)…石川さゆり

光秀の母。死んだ父親の代わりに『武士としての心構え』を厳しくも優しく諭す母親。

藤田伝吾(ふじたでんご)…徳重聡

明智家に使える家臣で、素直な性格。戦闘力が高く、光秀に寄り添う。

斎藤道三(マムシ)…本木雅弘

美濃の守護代で光秀の主君。油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盛りを目指す戦国下克上の代名詞的存在である。天才的な軍事力と狡猾な政治力を持ち合わせた人物で、金への執着も強い。

のちに美濃のマムシと呼ばれ恐れられる人物となる

斎藤家のキャスト

帰蝶/濃姫(きちょう/のうひめ)…川口春奈

斎藤道三の娘で、光秀とは姻戚関係(いんせきかんけい)にあたる。のちの政略結婚で織田信長の正妻となる。

深芳野(みよしの)…南果歩

斎藤道三の側室で斎藤高政(義龍)の母。元々土岐頼芸の愛妾(気に入りのめかけ)だった。

斎藤義龍(さいとうよしたつ)…伊藤英明

道三の長男で、母は深芳野。(深芳野はかつて土岐頼芸のめかけだった)自分の出生の謎にこだわるが故に父・道三との折り合いは悪い。光秀とは幼いころからの学友。

稲葉良通(いなばよしみち)…村田雄造

美濃三人衆と呼ばれた、斎藤道三有力家臣の一人で、元々は土岐頼芸の家臣だった。道三の強引なやり方に不満がある。

土岐頼芸(ときよしのり )…尾美としのり

美濃の守護で、かつて道三と組んで兄を守護の座から追い落した過去を持っている。

尾張・織田家のキャスト

織田信長(おだのぶなが)…染谷将太

織田信秀の嫡男で、斎藤道三の娘・帰蝶/濃姫と政略結婚する。光秀との出会いで、秀吉自身の運命も変えていく。

織田信秀…高橋克典 ※大河初出演

尾張に根を張る道三のライバルで、織田信長の父。美濃の道三、駿河の今川と争う戦国武将。

土田御前(どたごぜん)…檀れい

織田信秀(秀吉の父)の継室で、信長と弟・信勝の生母。うつけと呼ばれる信長を嫌がっており、弟・信勝を可愛がる。

平手政秀-ひらてまさひで-(織田家の家臣)…上杉祥三

信秀(高橋克典)を支える織田家の家臣。

藤吉郎(尾張・農民でのちの秀吉)…佐々木蔵之介

のちの豊臣秀吉。最下層の農民から織田信長の家臣まで上りつめる人物。光秀の生涯のライバル。

駿河(するが)のキャスト

今川義元(いまがわよしもと)…片岡愛之助

「海道一の弓取り」の異名を持つ戦国大名。家柄と太原雪斎(たいげんせっさい)の後ろ盾により斎藤道三がおびえる東海最強の戦国武将。

太原雪斎(たいげんせっさい)…伊吹吾郎

東海最強の戦国大名。 僧侶だが、自ら前線で指揮をとる 今川家の軍師。桶狭間の戦いの前に病死している。

京の人々キャスト

望月東庵(もちづきとうあん)…堺正章

京に暮らす医師で、生涯に渡り光秀を導く存在。今は落ちぶれたが、朝廷や戦国大名に人脈を持つ人物。

駒(こま)…門脇麦

京で出会う娘で、医者・望月東庵の助手を務めている。伝説の生きもの『麒麟』を信じている。

松永久秀(まつながひさひで)…吉田鋼太郎

畿内(京都に近い、山城・大和・河内・和泉・摂津)を中心に勢力を広める戦国武将で、若き光秀に大きな影響を与える人物。戦国三大梟雄(きょうゆう)の一人。

足利将軍家のキャスト

足利義輝(あしかがよしてる)…向井理

室町幕府13代将軍。父・義晴とともに京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。

足利義昭(あしかがよしあき)…滝藤賢一

13代将軍足利義輝の弟。仏門にはいるが、義輝亡き後に将軍としてもり立てられる。抜群の先見性と外交力を持つ。

三淵藤英(みつぶちふじひで)…谷原章介

室町幕府末期の将軍奉公衆。細川藤高の異母兄で、足利義輝・義昭に仕える。

細川藤孝(ほそかわふじたか)/幽斎…眞島秀和

光秀の生涯の盟友。文武両道の人物で、将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。

その他キャスト

徳川家康(とくがわいえやす)…風間俊介

徳川幕府の創始者。幼少時代には、駿河の今川と尾張の織田の間で人質になり孤独な幼少時代を過ごす。三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

伊呂波大夫(いろはだゆう)…尾野真千子

京の駒(こま)が、東庵に引き取られる前に預けられていた旅芸人座長の娘。全国各地を回っており、有力大名など色々なところに顔がきく女性。

菊丸(三河出身の農民)…岡村隆史 大河初出演

三河出身の農民で光秀で美濃で出会う。敵か味方かわからないが、光秀の危機を助ける。

【麒麟がくる】公式ツイッター

【麒麟がくる】放送スタッフ

語り:市川海老蔵
題字:中塚翠涛(なかつかすいとう)
脚本:池端俊策
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志

2020年冬ドラマ一覧

タイトルとURLをコピーしました