【ケイジとケンジ】第3話感想!でっくんタイムは多少カット?「お前終わったな」のセリフも…

【ケイジとケンジ】第3話が放送されましたね!

恐怖のでっくんタイムはカットされていたのか、短い気がしました。

不倫発覚前に撮影されていたはずのストーリーですが、関連する言葉があるとそれが抜き出されて1人歩きしてしまいますね(;^_^A

特に劇中のギバチャンの「おまえ終わったな」には驚きの声が多数でした。

今回は【ケイジとケンジ】第3話の感想とネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】第3話ネタバレ

営業時間中のはずが閉店していたBAR内で、オーナー男性・赤松の刺殺体が発見される。

現場に急行した刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、捜査に貢献したい気持ちから神奈川県警捜査1課の捜査に参加する。

そして検事・真島修平(東出昌大)も、5年目にして初めての大事件を逃すまいと支部長・樫村武男(柳葉哲郎)に直訴し担当を受け持つことになる。

被疑者として疑われた瀬川大介(薬丸翔)は、事件当日BARに行ったことも、殺されたオーナーと口論になったことも認めるが、犯行は認めなかった。

凶器も見つからない。

捜査がなかなか進まない中、焦りを隠せない県警捜査1課の刑事たち。

”落としの長さん”と呼ばれる捜査一課長・貝城(池田成志)は真島に、逮捕の許可をくれたら取り調べで凶器の場所を吐かせてみせる!と詰め寄るが…。

しかし真島は起訴できる完璧な物証がない限り、逮捕は許可できないとし、刑事と検事で対立してしまう。

そんな中豪太はガールズバーに通って、店員・三浦舞(古畑星夏)から話を聞き出す。

豪太の妹・みなみ(比嘉愛未)が真島の事務官をやっていると知った捜査1課の人間は、豪太にみなみから真島に逮捕を許可させるよう言ってほしいと依頼してくる。

豪太はみなみにお願いするが「あほちゃうか!」と一喝されてしまう。

豪太は真島の行きつけOKAZU-YAに訪れ、みなみとの結婚をちらつかせ「逮捕を許可しろ」と遠回しに伝えるが真島は拒否して帰ってしまう。

そんな中、瀬川が赤松を脅していたとの動機が判明し逮捕をせかされるが聞き入れない真島。

しかし脳内で瀬川が自殺して、樫村(柳葉哲郎)から「おまえ終わったな…」と言われる妄想をし怖くなった真島は逮捕の許可を下ろす。

”落としの長さん” の取り調べが始まるが、瀬川は凶器の供述をしない。

一方真島は逮捕の判断を誤ったとし、樫村(柳葉哲郎)からお叱りを受ける。

瀬川が自供しないので”落としの長さん”もあきらめかけた頃、豪太はガールズバーの舞を呼び出し話を聞くことにする。

舞は瀬川と交際しており、殺された赤松と瀬川の間に金銭トラブルがあったことを認めた。

そして瀬川が包丁を使って赤松を刺し、どこに捨てたのかも話し出した。

犯行を認めなかった瀬川を起訴することに成功した捜査一課と真島・みなみはお酒を交わし宴会をする。

~4話につづく~

【ケイジとケンジ】第3話ネットの反応

【ケイジとケンジ】第3話感想

不倫騒動が収まらない?ままに第3話を迎えた【ケイジとケンジ】!

見たくない・見ませんとの声も多かったですが、わたしは視聴しました!

不倫発覚までに半分撮影終了しているみたいなので、5話?までは撮影済みでしょうね~。

「初主演なのでドラマは面白いので是非見てください! 」と張り切っていた桐谷健太にも同情が集まっていましたが、6話以降の撮影現場はどうなるんでしょうか(;^_^A

純粋にドラマを楽しんでいる視聴者も多いんですよ。

しかし不倫の余波はすごくて、あごにニキビが出ているだけで「キモイ」と叩かれるでっくん。

これは10話の放送はせずに、途中8話・9話で打ち切られる可能性もあるのではないでしょうか。

ドラマに力を入れているテレビ朝日は、相棒シリーズに続くシリーズものを作ろうと【ケイジとケンジ】の放送を決めたという話もあります。

でっくんの不倫騒動にはテレビ朝日もがっくりでしょうね…。

ドラマの話をすると内容は今回も面白かったです。

みなみ(比嘉愛未)が起こると関西弁になるところとか、本当に可愛いですよね。

美人の関西弁は武器になるなぁ~。

今回も刑事と検事の凸凹コンビが被疑者を起訴することに成功してお互いが成長している感じで楽しめました。

来週はどんな事件を解決してくれるのか楽しみです♪

まとめ

今回は【ケイジとケンジ】第3話のネタバレと感想を紹介しました。

不倫騒動のせいで視聴者が増えているのか減っているのか…いろんな意見がありますが、作品自体は楽しく見れています。

【ケイジとケンジ】は毎週木曜日、よる9時からテレビ朝日系列で放送中です。

タイトルとURLをコピーしました