【ケイジとケンジ】第2話感想!東出昌大の不倫報道で視聴率はガタ落ち!

【ケイジとケンジ】第2話が放送されましたね!

しかし主演の東出昌大さんの不倫報道がでたので、視聴率がガタ落ちしてしまいました。

今回は【ケイジとケンジ】第2話感想・ネタバレとネットの反応を紹介します!

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】第2話ネタバレ

会社員の男性が階段から突き落とされ意識不明の重体になる事件が発生。

不審な男性を、豪太(桐谷健太)の先輩田口が職質し任意同行することになる。

捕まったのは21歳のフリーター猫田一也(稲葉友)。猫田は容疑を否認するが、豪太の熱血な説得に応じ自供をした。

猫田は担当検事・真島の元に送られたが「やっていない」と自供をひるがえす。

被害者男性は意識不明の重体で証言をとることはできない…このままじゃ起訴できないという真島に豪太は物証を取るべく聞き込みを開始する。

物証がないことにいら立ちを隠せない真島を、豪太の妹であり担当事務官のみなみ(比嘉愛未)はご飯に誘う。

真島はみなみに誘われウキウキだったが、みなみは真島が刑事を下に見ていることに違和感を感じ「検事は刑事から嫌われている」と話をはじめる。

物証が見つからないまま猫田の勾留期間が迫っていた。このままだと猫田を起訴できないままに終わってしまう。

圧をかけてくる真島に豪太は「お前は何もしないのか⁉」と説教する。

自分は検事だから捜査は必要ないという真島だったが、みなみの「現場に行く真島検事が見てみたい」という一言に捜査に乗り出すことを決意。

真島が現場に向かうと、現場が見える一軒家2階からこちらを覗く少年の姿を発見。

早速その少年がいる家・西田家に向かう。

聞けば2階には何年も引きこもった少年・たかしがいることが判明する。

真島が現場が見える西田家への聞き込みを確認すると2回のひきこもり男性・たかしがいることが発覚する。

ここは元教師の腕の見せ所とはりきる豪太だったが、感情をむきだしにしてしまい失敗。

結局たかしの心をつかんだのは、みなみだった。

たかしは窓から美しいみなみに見惚れていたこともあり、部屋のドアを開ける。

たかしが撮っていた映像が証拠となり猫田は起訴され事件は解決した。

~3話へつづく~

【ケイジとケンジ】第2話ネットの反応

【ケイジとケンジ】第2話感想

【ケイジとケンジ】第2話が放送されましたが、視聴率は9.7%、1話は12%だったので一気に下落してしまいました。

というのも放送日前日の1月22日に主演の東出昌大さんの不倫報道が出てしまったからです。

報道が過熱しているさなかのドラマ放送だったため、視聴率が極端によくない結果になってしまいました。

SNSのコメントも「東出さんが気になって集中できない」「ドラマ撮影中も付き合ってたんだ…」などドラマの背景を気にしてしまって楽しめないという意見も多かったです。

個人的には、確かに「あ~こんな顔してながら不倫を…」と思ってしまいましたが、「キャラが合ってる役なのに勿体ないなぁ」という気持ちの方が強かったですね。

ドラマとしては、元熱血教師の熱すぎる豪太と、キャリアとみなみしか興味がない真島のコンビは面白いですからね~。

2話は報道前に撮影していたといて、報道後のドラマ撮影現場は殺伐としたものになりそう(;^_^A

そういう意味でも興味深いドラマですね。

「ケイジとケンジ」の主題歌は、エレファントカシマシのボーカル宮本氏が歌う「ハレルヤ」ですが、エンディングにマッチしていてスゴイよかったです♪

1話は「ハレルヤ」いつかかった?的な存在感ですが、2話ではよい場面で歌がはじまり印象的でした。

3話からもあういう曲の使い方をしてくれると盛り上がると思います!

まとめ

今回は、渦中の俳優東出昌大さんと桐谷健太さんがW主演の【ケイジとケンジ】第2話の感想とネタバレを紹介しました。

ガクンと落ちてしまった視聴率を取り戻すことはできるんでしょうか(;^_^A

とりあえずドラマはこのまま見続けていきます。

【ケイジとケンジ】は毎週木曜日、夜9時からテレビ朝日で放送中です!

タイトルとURLをコピーしました