【義母と娘のブルース】ぎぼむす正月スペシャル!赤ちゃんに苦戦する出演者を救った『POISON』

『義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル』の制作発表が12月21日に行われ、綾瀬はるかや佐藤健など出演者が、艶やかな着物姿で出席した。

そんな中、出演者の口から聞かれたのが反町高史が発売した『POIZON』だ。

今回のぎぼむすは謎の赤ちゃんを主軸に物語が進んでいく。

そのため、赤ちゃんが大事な場面で泣きだしてしまったりと、なかなか撮影が運く進まないことも多かったとか。

それを解決してくれたのが、反町隆史が歌う『POISON』だという。

今回は、出演者の撮影エピソードと反町隆史のPOISONについて紹介。

スポンサーリンク

【義母と娘のブルース】佐藤健コメント

佐藤健はなかなか赤ちゃんが懐いてくれなくて落ち込んだが、最終的にあやすのがうまくなったと話す。

さらに「BGMを流しながら芝居する経験は初めてだったので、いいな、と思って。テンションがググっと上がったりして、元気出たり」と独特な雰囲気の現場を振り返った。

佐藤健公式サイトコメント(一部抜粋)▼

赤ちゃんとの撮影はやっぱり大変ですね(笑)。撮影当初はずっと泣いていたのが、徐々に慣れてきて、僕が抱っこしても落ち着いてくれるようになったのが、すごく嬉しかったですね。身近に赤ちゃんがいないので、かなり新鮮でした。また、他の出演者の方も言っていると思いますが、 (反町隆史さんの)「POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」で赤ちゃんが泣き止むことに非常に驚きました。信じられないくらい泣き止むんですよ!この曲で赤ちゃんが泣き止むというのは結構有名らしく、本番中は基本的に「POISON」を流しっぱなしで芝居をしていました(笑)。(赤ちゃんが泣いたときに曲を流していた)あのタブレットがなかったら、どう撮影していたのか分からないくらい、現場の必需品でした。

出典元:義母と娘のブルース】公式

【義母と娘のブルース】綾瀬はるかコメント

共演者から赤ちゃんをあやすのが1番上手い!と言われていた綾瀬はるかもまた、POISONについて語っていました。

綾瀬はるかは、撮影中のエピソードを聞かれると赤ちゃんのことをあげ「基本ずっと一緒なんですけど、ご機嫌を伺いつつ、泣くぞ!ってなった時はあれこれ小道具使ったりとか。あとはやっぱり『POISON』をきくっていう(笑)」と話した。

綾瀬はるか公式サイトコメント(一部抜粋)▼

赤ちゃんが泣きそうという瞬間には、恐らく理由があって、一度泣ちゃうとスイッチが入るので、その前に違うところに赤ちゃんの気を逸らせるというのは、今回すごく勉強になりました。音楽に反応してくれるので、現場では(反町隆史さんの)「POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」を含めて3曲くらいかかっていました。(※“赤ちゃんが泣きやむ”という説があるそうです)

出典元:義母と娘のブルース】公式

【義母と娘のブルース】撮影で流されたPOISONってどんな曲?

POISONは、『POISON~言いたいことも言えないこんな世の中は~』という長い題名で、1998年7月29日に発売された反町隆史の4枚目のシングル。

また反町の主演で大ヒットしたフジテレビ系ドラマ『GTO』の主題歌でもある。

同ドラマは、最終回の視聴率は35.7%を記録しており、主題歌のPOISONは、50万枚を売り上げたヒット曲である。

ヒットはしたものの、POISON=毒という意味があるため紅白には出場できなかった(和歌山毒物カレー事件が起こった年)

反町隆史の独特の低音ボイスが注目され、モノマネされるほど流行った。

反町隆史プロフィール

誕生日:1973年12月19日生まれの俳優
出身:埼玉県さいたま市
所属:研音
配偶者:妻は女優の松島菜々子

GTOでの共演をきっかけに女優の松島菜々子と交際し、2001年に結婚。当時人気絶頂だった2人の結婚は”ビックカップル”と騒がれた。

2015年10月から『相棒』シリーズに4代目相棒として出演中!

【義母と娘のブルース】 POIZONで赤ちゃんは泣きやむのか?

調べてみると、『POISON』で赤ちゃんが泣き病むというのは本当みたいです!

2018年5月頃より、”アッコにおまかせ”や”ほんわかテレビ”で放送され有名になったようです。

まとめ

撮影中は何度も『POIZON』に助けられたという【義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル】は2020年1月2日(木)夜9時放送です!

タイトルとURLをコピーしました