【DASADA】ドラマ追加キャストは、神田うのとエゼマタ健太チャールズに決定!

2020年1月15日(水)深夜0時59分からスタートする【DASADA】の追加キャストが発表されました。

発表されたのは沙織の母役に神田うのボンディ役にエゼマタ健太チャールズです。

今回は、追加キャストの神田うのとエゼマタ健太チャールズについて紹介します。

スポンサーリンク

【DASADA】追加キャスト

神田うののドラマ出演は、2009年以来で実に10年ぶりで母親役は初となる。

2011年に長女を出産して以来、仕事をセーブしていた神田うのの演技に注目が高まる。

沙織の母…神田うの

沙織の母親で料理が得意。マイペースで、自分のペースに相手を巻き込むことが得意。ネットショッピングが好き。

神田うのコメント(一部抜粋)▼

私は女優って言われるとかゆいんですよ(笑)。だから肩書きも女優は全部消してもらっている。女優ってやっぱり芝居ができて女優でしょ? 私は芝居ができないから、ドラマの撮影ではよそ者と言うかゲスト扱い。だから“人間関係”で出演しているものばっかりで、普通に来たオファーは全部断ってもらっていました。

主人が『今の神田うのを使おうって思ってくれるなんて、ありがたい話じゃないか』って言ったの。それを聞いて『そうだよね。じゃあぜひともやらせていただきます』って(笑)

出典:「ORICON NEWS」

神田うのプロフィール

誕生日:1975年3月28日生まれのモデルでタレント、女優、ファッションデザイナー
出身:神奈川県川崎市
弟:お笑いコンビハマカーン・神田伸一郎
所属:スペースクラフト・エンタテインメント
出演ドラマ:『ナースのお仕事3』『探偵M』他
出演映画:『ナースのお仕事ザ・ムービー』他

17歳の時に”プチセブン”でモデルデビューして、19歳の頃から”笑っていいとも”などバラエティで活躍。

ドラマ『ナースのお仕事』では美脚を惜しげもなくさらして注目を集めた。

空気を読まず非常識な行動や言動を繰り返し『嫌われ有名人ランキング』に20年間ずっとランクインして、悩んだ時期もあったが今は気にしていない。

ウエディングドレスやストッキングをプロデュースして大成功を収めている。

ボンディ…エゼマタ健太チャールズ

中華料理屋『七龍』の岡持ち(出前)で、とろろの大ファン。ゆりあの家族とも仲が良いため、出前以外で遊びにいくこともある。『DASADA』の宣伝に協力的。

エゼマタ健太チャールズプロフィール

誕生日:1998年2月9日生まれ
出身:神奈川県
身長:183cm
出演番組:『スマートフォンデュ』『青春高校』

※日本とナイジェリアのハーフ

まとめ

今回は【DASADA】の追加キャストで発表された”神田うの”さんと”エゼマタ健太チャールズ”さんの紹介をしました。

2人が日向坂46のメンバーとどういう絡みをみせてくれるのか楽しみですね!

【DASADA】は2020年1月15日(水)深夜0時59分からスタートです。

タイトルとURLをコピーしました