【僕はどこから】原作は打ち切りなのにドラマ化!?ドラマの最終回はどうなるか予想してみた

2020年1月8日(水)から放送をスタートしている【僕はどこから】ですが、原作が打ち切りになっていたとの噂をキャッチしました。

打ち切りなのにドラマ化!?との声もあったので、打ち切りは本当か?最終回はどうなるのか予想してみました。

最終回のネタバレを含むのでご注意ください。

スポンサーリンク

【僕はどこから】原作打ち切りの噂は本当だった?

どうやら【僕はどこから】の原作マンガが打ち切りされたというのは本当みたいですね。

というのも、連載位置がどんどん後ろに下がっていって急な終わり方を迎えたからのようです。

【僕はどこから】は全4巻で、1~2巻は面白い!と評価されたものの3巻で失速4巻で終わりを告げました。

しかしながらその最後は、とんでもねえ終わり方!という意見と、打ち切りにしては綺麗に終わっていたという意見に分かれていました。


文章を書き写すことで他人の思考をコピーできるという主人公とと22歳で組長を襲名するエリートヤクザが登場する話で、設定的に面白いしなんだか勿体ない気もしますよね。

原作の絵も人気だったので「えー打ち切り⁉」と落胆するファンも多かったようです。

売れ行きが悪かったか、人気がなかったのか‥マンガはいつどうなるか分からんですよね(;^_^A

【僕はどこから】打ち切りになった最終回はどうなる?

原作の最終回は事件から10年後の設定で竹内(中島裕翔)は小説家になっていません。

「井上家」の墓を訪れた竹内は、そこで藤原と怜(殺された井上の息子)と再会します。

そこで藤原に「また小説をかけ」と言われた竹内はまたここから始めようと決意を新たにする…

というような最後でした。

あっさりしている終わり方~(笑)

ドラマの最終回はどうなるのか?という疑問ですが、おそらく原作と同じ展開となると予想してます。

それまでの過程は変えてくるかもしれませんが、1話の冒頭で竹内がお墓参りしていたので、最終回につなげる伏線と考えます。

まとめ

【僕はどこから】が原作打ち切りだった噂は限りなくクロです。そういった発表はありませんが、急にあっさりした終わり方を迎えたので事実でしょう。

最終回も原作と同じではないかな~と私は思いますが、まだ始まったばかりなので分かりません!できれば期待を裏切ってほしいですね!

【僕はどこから】は2020年1月8日スタート、毎週水曜日深夜0時12分から放送です!

タイトルとURLをコピーしました