【僕はどこから】第4話あらすじと感想!お母さまが心配な薫が可愛いけど可哀想!

【僕はどこから】第4話が放送されましたね!

今回は、前回替え玉受験中に感じた違和感を確かめようと井上家に向かった薫が事件に巻き込まれてしまいます。

さらに薫と藤原の仲に亀裂も入ってしまって…

今回は【僕はどこから】 第4話のあらすじと感想です。

スポンサーリンク

【僕はどこから】第4話ネタバレ

薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に打ち込み、井上玲(笠松将)の思考に入り込む。

そこで感じた不吉な感情…この感情は一体何なのか…。

受験を終えた薫は、藤原(間宮祥太郎)と落ち合うがそこに怜の姿はなかった。

ひとり慌てた薫は、急いで井上家に向かうがそこに怜の姿はない。

怜の代わりにいたのは、血まみれで目を見開いたまま絶命する井上涼子(須藤理沙)の死体だった。

さらに駆けつけた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺人容疑をかけられ警察に連行される。

一方藤原は東宮寺(若林豪)に呼び出され、一般人・薫を薪んだ挙句警察に捕まったことを厳しく問いただされていた。

藤原は、ニュースになる早さや山田が迎えに来た早さから何か裏があるのでは?と考える。

薫の部屋に忍び込んだ千佳(上白石萌歌)は、薫の母親を

一方薫は、若年性認知症の母親を心配して家に帰ることを桐原に懇願するが、代わりにある書類に署名しろという。

しかし署名した薫は、帰れるわけもなく『緊急逮捕』されてしまう。

桐原によると、犯行に使われた椅子から薫の指紋が検出されたというのだ。

その指紋は、涼子が怜を叱りつけようとと持ち上げた椅子を薫が止めた時についたものだった。

桐原たち警察は、薫の家に家宅捜索に入るがそこに母親の姿はない。

さらに薫の高校時代の写真に藤原が写っていることを発見し、藤原の事務所を訪れる。

桐原は、薫に藤原との接点を確認するが薫は何も答えない。さらに母親が家にいなかったことを知り動揺する薫。

山田から東宮寺会長の近況を聞いた藤原は、薫を警察に売って自分は助かる方法を選択する。

「井上玲を俺に紹介したのは竹内薫だよ」

藤原が自分を裏切ったと知った薫は…?

~5話につづく~

【僕はどこから】第4話感想

事件がついに起こってしまいました!

薫も1人で現場行くとか…いやでも、藤原と一緒に行ってもよくないしどうすれば正解だったのかも不明ですが(;^_^A

藤原は、事件がニュースになるのが早すぎるということと、山田が藤原の元に来るのも早すぎることから裏で何か動いているんじゃないかと予想してました。

確かにおかしいですよね。

そして行方不明の井上玲はどこに行ったのか?怜が見つかったところで替え玉受験がバレてしまうので、それはそれで計画は失敗に終わってしまいます。

さらに、藤原の妹・千佳と薫の母親はどこに行ったのか。

結構謎が多い。

最後は藤原が薫を裏切って「あちゃ~~」という感じ。

でも!きっと藤原は薫を裏切っていないと信じたい。

きっと藤原が裏切ったとしれば薫もカッとなって全部本当のことを話すはず…藤原はそれを狙ってるんじゃないでしょうか?

まぁ希望的観測ですが…。

衝撃的に面白い5話が楽しみです。

まとめ

今回は【僕はどこから】第4話のネタバレと感想を紹介しました。

藤原よ、どうか薫を裏切らないで!今回も衝撃的ですが、5話はもっと衝撃的な展開を迎えそうです。

【僕はどこから】は、毎週水曜日、深夜0時12分から放送中です。

タイトルとURLをコピーしました