【アライブ】第4話感想!理想の上司を演じた木下ほうかが話題!

【アライブ】第4話が放送されましたね!

前回は夫・匠の死で多くの涙を誘いましたが、今回も涙涙の号泣回でした。

匠の父・京太郎に焦点を当てられていて、大切な人を失った辛さについて考えさせられました。

今回は【アライブ】第4話に感想とネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】第4話ネタバレ

気丈にふるまう心と京太郎

心(松下奈緒)の夫・匠(中村俊介)の告別式が行われ、光野(藤井隆)阿久津(木下ほうか)たちが参列する。

薫(木村佳乃)は悲しみにくれる心に声をかけることができない。

京太郎(北大路欣也)が不自然なほど笑顔を振りまき、匠の話も笑いながら話すことに心は少し不安を感じていた。

葬儀を終えた心は、悲しさが残るものの仕事に復帰することを決意し勤務を再開する。

光野や阿久津が心配する中、仕事に取り組んだ方が気がまぎれると話し気丈に振舞っていた。

京太郎の鬱と匠の小説

しかし突然警察から京太郎のことで連絡を受けて行ってみると、横断歩道の真ん中で大声で泣いていたという。

その場所は息子・匠の事故現場だった。

心と歩いていると、京太郎が昔仕事をした編集者・中山と再会する。

出版社に張り付けてあったポスターを見て閃いた心は匠のパソコンを立ち上げるが…。

そこには執筆した匠の小説のデータが残っていた。

「いつになったら小説かくの!?」心がそう言って傷つけた匠は小説を書いていた。

一方心は、以前乳がんで相談を受けていた佐倉のカウンセリングをするが心がなく冷たい坦々とした態度をとってしまう。

心は鬱かもしれない京太郎と夜中に泣き出す息子に、気持ちの余裕をなくしていた。

「わたしでできることならなんでもする!」

そういう薫に、

「できることなんてなんにもない…」という心。

心は、家を訪れていた京太郎に「鬱かもしれない」と精神科への受診を勧める。

関河の狙いは薫の手術ミス

一方薫は、匠の死を受け自身の秘密を打ち明けるかどうかで悩んでいた。

そんな薫の元に以前より偶然出会うことの増えていた関河隆一(三浦翔平)が姿をあらわし、自分の本当の目的を打ち明ける。

関河は匠の手術について調べているジャーナリストだった。

「恩田さんの死はあなたのミスが原因ですか?」

遺族のためにも薫自身のためにも自分のミスを認めろという関河に「証拠はあるの?」と言って立ち去る薫。

心も気持ちの余裕がなくなり‥

「あなた本当に心先生?患者じゃなくて病気見てるわよ」親しくする高坂(高畑淳子)にそう言われてしまう心。

心は、カウンセリング時患者の顔を見られなくなっていた。

阿久津は、心を連れてある男性の元に向かう。男性は半年前に妻を失っていて、現実を受け止められないでいた。

「親しい人の死は人生最大のストレスになる」

阿久津はグリーフケアについて心に語りだす。

心は京太郎に正しいグリーフケアができていなかったと気付くが、阿久津は心自身もそうだと諭す。

家族の第一歩

そんな中、心に電話があり急いで帰ってみると…

レンとパズルをする京太郎の姿があった。

家族それぞれが匠の死を乗り越えようともがいていた。

ベランダから飛び降りようとした京太郎を止めたのは「お父さん、今日カレーにしませんか?」という心の電話だった。

心は京太郎に匠が書いていた小説の原稿を見せて話に花を咲かせる。そして心も悲しみを受け止めて大号泣する。

薫は須藤(田辺誠一)に会って別れを告げる。

再度職場復帰をした心を光野や阿久津は暖かく迎え入れる。

そんな心の前に関河が現れて…?

~5話につづく~

【アライブ】第4話ネットの反応

【アライブ】第4話感想

冒頭から辛いシーンで今回も泣かされそうな予感してましたが、京太郎が無理して笑顔振りまいて自分を保っているのをみて早々に涙腺崩壊しました。

話ずれますが、告別式の心先生は美しすぎる…。

化粧っ気ないのに鼻筋が通っていて素晴らしい。本当にきれいな人っていうのはこういう顔なのかな~。

THE正統派美人顔ですね。

そして京太郎演じる北大路欣也さんの芝居が上手すぎて、辛くなりました。

大切な人がなくなっても、明るくふるまって、、糸が切れたように爆発しちゃうんだよね。

心先生も余裕がなくていっぱいいっぱい。

患者の顔を見ずにずーっとパソコンを見っぱなしの先生になってしまったり細かい描写が心に突き刺さります。

京太郎がベランダに手をかけたシーンはもうドキドキ。

どうか止めて!止めて飛び降りないで~~( ;∀;)

と声が出そうになりましたが、よかった(;^_^A

それぞれに悲しみと向き合って乗り越えようとしているんですね。涙を流す京太郎にもらい泣きしました。

そして某番組でイヤミ課長を演じる木下ほうかのマンツーマン講座はよかったです。

聞いていて泣きそうになりました…もう1話の中何回泣いているかわかりません。

こんな上司いたらいいなぁ~っていう位理想の上司でした。イヤミ課長とは思えませんね。

【アライブ】は派手さはないけど、心に訴えかけるよいドラマだと思います。

もう毎週泣いてます。

そして来週は関河が動き出しそうですね…

心に薫のことを話してしますかもしれません!心と薫の仲を引き離してほしくないなぁ~。

またまた辛い展開に泣かされてしまいそうです。

まとめ

今回は【アライブ】第4話のネタバレと感想を紹介しました。

今回は『京太郎の回』だったんじゃないでしょうか!北大路欣也さんの絶妙な芝居は必見です。

来週は『関河の回』でしょうか?

【アライブ】は毎週木曜日、よる10時からフジテレビで放送中です。

タイトルとURLをコピーしました