【10の秘密/ひみ10】第5話感想!圭太の大胆な行動により話が違う展開に…!

【10の秘密】第5話が放送されましたね!

第5話は『圭太の逆襲』がポイントです。

前回誘拐が由貴子の自作自演と知って憤慨した圭太は、由貴子がデータを元にお金を受け取っていたことを知りある大胆な作戦にでます!

その作戦がドラマを意外な展開にするのですが…

今回は【10の秘密】のあらすじとネタバレ・感想です!

スポンサーリンク

【10の秘密】第5話あらすじ

帝東建設の建築ミスの証拠を突き付けるには、自ら命を絶った矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの2つがないと意味がない。

手帳はすでに由貴子が持っていると知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件は由貴子が自分を利用しようと仕組んだものだと気付き愕然とする。

自分のために娘を誘拐した元妻を非難するが、由貴子は悪びれる様子もない。

一方10年前の火事で、命を絶った人がいた上にその被害者に圭太がひそかにお金を送っていたと知った瞳は家を出て行ってしまう。

仕事もなくお金がない圭太は、宇都宮(渡部篤郎)の元を訪れるが、よい返事がもらえるどころか由貴子がデータを元に3億円の取引に成功していることを知る。

そしてさらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていのだ。

あとがなくなった圭太は、由貴子に宣戦布告ともいれる行動をとるが…。

菜七子(仲里依紗)は、頻繁に瞳と連絡をとろうとする翼(松村北斗)を不審に思う。

その話を聞いた圭太は、翼の元を訪れ話を聞くが。

翼が自分の過去を話し始めて…?

【10の秘密】第5話感想とネタバレ

ここからは、5話のネタバレです。

瞳が出て行ってしまった圭太は1人家で、瞳の帰りを待つ始末…。

最愛の娘・瞳が志望校を私立から公立に変えようとしていると母・純子から聞き、お金を工面しようと宇都宮の元に!

そして宇都宮から由貴子はデータと手帳で合わせて6億もらうと聞いた圭太は大胆な行動にでます。

宇都宮からお金を受け取った由貴子を襲って、3億奪う作戦です!

大胆な行動に出ましたね!w

まぁ、圭太1人でそんな大胆な行動に出られるはずもなく、由貴子と関係のある借金取り?ヤクザ?のナガモリに頼んでました。

ナガモリは、あのドラマ【お金がない】でも借金取りを演じていた高杉亘さんです。

その後も由貴子がお金を取り返しに家に忍び込んだりして、もはや「お金の奪い合いドラマ」になってますね(;^_^A

さらに菜七子の”裏の顔”も見えてきました。

お水で働いてるのかなぁ?派手なメイクに派手な格好…最初はヤクの売人かと思ったけどさすがにそれはないか。

夜の菜七子の方が好きな人が多いかも…彫りが深い顔立ちなんで派手なメイクも似合いますよね。

そしてついに長谷川翼の正体が明らかに!

事件の関係者かな~とは思ってたんですけど、やっぱり!被害者の息子かー。

名前変えてたんですね。ピアニスト名として。

でもちょっと違った!翼がいうには、火事の前に母親は亡くなっててそれを隠すために火事を起こしたと思っているみたい。

で、その犯人が圭太だと思っている翼はナイフで襲い掛かって…という流れで終わりました。

次回予告で圭太はピンピンしてましたけどねw

う~ん。秘密がなかなか明らかにならないような気もしますね。

今のところ明らかになった秘密は、

  • 圭太の10年前の火事の隠蔽
  • 瞳が火事を起こした?
  • 翼が被害者の息子
  • 由貴子が誘拐犯
  • 帝東建設(長沼)の不正

かな?

菜七子と宇都宮の秘密が分からない!今で大体半分終わったところなのでこれから盛り上がっていくんでしょうか。

「お金の奪い合いドラマ」からどう展開するか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました